公認会計士になる方法や適性、仕事内容、今後の可能性について

公認会計士は難関の国家資格で社会的に重要な仕事ですが、実際はどんな仕事をしているのかわからない人も多いでしょう。以下では1.公認会計士仕事内容、2.試験合格から登録までのステップ3.向いている人4.今後の活躍の可能性についてご確認いただけます。

・公認会計士は監査や会計などに携わる仕事です。
公認会計士の主な業務は1.監査2.会計3.税務4.コンサルティングなど数字と向き合う仕事がメインになります。特に監査業務は公認会計士のみが独占して行える仕事です。

公認会計士になる方法や適性、仕事内容、今後の可能性について

企業が作成した財務諸表をチェックして間違いがないか確かめることで、投資家が安心して投資活動をできるようになります。信用問題に関わる重要な仕事で、社会に重要な役割を担っています。

コマーシャル>>公認会計士の専門学校・予備校CPAで公認会計士試験に合格!実績・合格率で選ぶなら東京CPA会計学院! https://cpa-net.jp/

・公認会計士になるには試験に合格し、必要な要件を満たさねばならない
公認会計士になるには試験に合格せねばなりません。短答式試験と論文式試験の2種類があり、幅広い出題範囲を完璧に網羅するだけの勉強時間が必要になります。

また合格後は2年間の業務補助を行いながら実務補習を受け、修了考査に合格せねばなりません。試験だけでも2~4年かかるため、1日10時間ぐらい勉強できる時間を確保するのが望ましいでしょう。

登録まで4、5年かかり、合格までの難易度もかなり高めですが、受験資格がないので誰でも努力次第で公認会計士になれます。

・公認会計士に向いている人はと繧凾ネ人なのか
公認会計士に向いているのは数字に強くコミュニケーション能力があり、経営や経済に興味がある人です。財務諸表に間違いがないか精査する仕事なので、毎日何時間も数字と向き合う日々を送ることになります。さらに経理担当者や経営者と適切にコミュニケーションを図れる能力は必須です。

企業のキャッシュフローや財政状況を間近で確認できるため経済の流れや企業経営の現実を身をもって体感できます。多くの企業を渡り歩いて色々な経営者の話を聞ける職業はそう多くはありません。興味がある人にとってはまたとない経験になることでしょう。

・就職氷河期か繧剌Iわり活躍のチャンスが増えている
公認会計士の試験制度が見直され合格者が増えて以降、監査法人に入社できない人が増えて就職氷河期といわれることがありました。せっかく何年も勉強しても働き口がないのだから、目指すのをためらった人も多いでしょう。

しかし今では状況が変わっています。国際化や好景気の影響で監査法人から一般企業へ人材が流出したため、より多くの人手が必要とされています。就職後も努力次第で様々なキャリアパスを描けますから、公認会計士になりたい人は今がチャンスです。組織内で昇進する以外にも一般企業で活躍したり、独立開業したりとあらゆる可能性が広がっています。

・試験の難易度は高いが社会を裏方で支える重要な仕事です
公認会計士は監査・会計のスペシャリストです。投資家が安心して投資活動を行えるよう、企業が作成した財務諸表に間違いがないか確認する仕事をしています。仕事につくには2~4年間かけて試験に合格し、業務補助と実務補習を経験したのち修了考査に合格せねばなりません。

毎日何時間も財務諸表に向き合うので数字に強い人が向いています。経理担当者や経営者との意思疎通も欠かせないため、コミュニケーション能力が高いほうがいいでしょう。ひと昔前では就職氷河期といわれていましたが、現在は人手不足で新人への門戸が広く開放されています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ