閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 公認会計士を目指すにあたり、業務内容と試験の難易度
    2. 公認会計士に向いているのはどんな人なのか?気になる適性は
    3. 公認会計士になるには? 試験合格から登録までのステップ
    4. 公認会計士とはどんな仕事なのか?具体的な業務内容は?
    閉じる

    公認会計士にはどういった人がなるべきかが解るようになるサイト

    カテゴリー:公認会計士についての情報

    公認会計士を目指すということは、日本で最も難関な資格のひとつを志すということです。法律系であれば司法試験、理系であれば医師免許試験と同等とされる難関資格であるため、入念な準備が必要な資格試験といえます。■公認会計士の仕事はどんなもの?…

    公認会計士に向いている人は、1.経済や会社経営に興味がある人2.常に成長し続けたい人3.数字に強い人4.コミュニケーション能力が高い人の4つ、あるいは一部を全部満たしたような人でしょう。あくまで一例ですが、ぜひ参考にしてみてください。・…

    公認会計士になるまでには1.試験に合格する2.業務補助を行う3.実務補習を受ける4.修了考査を通過するの4つのステップがあります。合格までは早くても2年、登録まではそこからさらに2、3年かかります。きちんと学習計画の練って挑みたいところです…

    公認会計士がどんな仕事をしているのか、なんとなくしかわからない人も多いでしょう。公認会計士の主な業務は1.監査2.会計3.税務4.コンサルティングの4つです。それぞれ詳しく確認してみてください。・企業に対して監査を行う監査とは企業が作…

    ページ上部へ戻る