閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 公認会計士を目指すにあたり、業務内容と試験の難易度
    2. 公認会計士に向いているのはどんな人なのか?気になる適性は
    3. 公認会計士になるには? 試験合格から登録までのステップ
    4. 公認会計士とはどんな仕事なのか?具体的な業務内容は?
    閉じる

    公認会計士にはどういった人がなるべきかが解るようになるサイト

    公認会計士とはどんな仕事なのか?具体的な業務内容は?

    公認会計士がどんな仕事をしているのか、なんとなくしかわからない人も多いでしょう。公認会計士の主な業務は1.監査2.会計3.税務4.コンサルティングの4つです。それぞれ詳しく確認してみてください。

    ・企業に対して監査を行う
    監査とは企業が作成した財務諸表を精査し、誤りがないかを確かめる仕事です。投資家が投資先を決める際には財務諸表を参考にするため、もし不正があるようだと安心して投資活動を行えなくなってしまいます。監査によって誰もがフェアな状況で投資をできるようになります。

    その結果社会に流れるお金の量が増えて景気が良くなっていきます。無用な理由でお金の流れを止めないためにも、会計士の仕事は重要な役割を担っています。

    ・会計に携わる
    高度な専門知識を活かして一般企業の経理や財務に携わり、財務諸表の作成や助言を行ったりします。

    ・税務に携わる
    公認会計士は登録をすれば税理士になれます。税務とは、法人や個人が納税をする際の書類を作成したり、申告を代理したりする仕事です。監査とは異なり中小企業や個人を顧客にできるため、見込み客の客層を広げられます。

    ・コンサルティング
    会計士の業務で得た知識と経験を活かし一般企業に対してコンサルティングを行います。独立後は税務に並んで主な収入源の1つになります。

    ・企業経営を裏方で支える仕事です
    公認会計士は会計や監査に携わる仕事をしています。財務諸表を精査して数字に間違いないかをチェックすることもあるし、ときには財務諸表を作成する側にまわったりもします。登録をして税理士になったり、経験を活かしてコンサルティングをしたりと個人の能力次第で、いくらでも活躍の場を広げていけます。

    関連記事

    1. 公認会計士になるには? 試験合格から登録までのステップ

    2. 公認会計士に向いているのはどんな人なのか?気になる適性は

    3. 公認会計士を目指すにあたり、業務内容と試験の難易度

    ページ上部へ戻る