閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 公認会計士を目指すにあたり、業務内容と試験の難易度
    2. 公認会計士に向いているのはどんな人なのか?気になる適性は
    3. 公認会計士になるには? 試験合格から登録までのステップ
    4. 公認会計士とはどんな仕事なのか?具体的な業務内容は?
    閉じる

    公認会計士にはどういった人がなるべきかが解るようになるサイト

    公認会計士に向いているのはどんな人なのか?気になる適性は

    公認会計士に向いている人は、1.経済や会社経営に興味がある人2.常に成長し続けたい人3.数字に強い人4.コミュニケーション能力が高い人の4つ、あるいは一部を全部満たしたような人でしょう。あくまで一例ですが、ぜひ参考にしてみてください。

    ・会社の経営や経済の流れに興味がある人
    公認会計士の顧客は大企業です。あらゆる職場を見て回ることで、数字に現れた動かざる企業活動の形跡や、その事業が儲かっているのか否か、今何が流行っているのかを把握できるようになります。なかなか体験できない仕事なので、興味がある人はおおいにやりがいを感じるでしょう。

    ・常に成長する覚悟がある人
    試験に受かったらもう勉強したくないと思っている人は公認会計士にならないほうがいいでしょう。合格後も好きこのんで会計を勉強し、自分の強みを身につけ付加価値を生み出す必要があります。逆に専門性を身につけたい人は毎日が成長のチャンスです。

    ・数字に強い人
    監査業務では企業の帳簿に間違いがないのかを毎日隅々までチェックします。決済まで期間が迫っているときは数字と向き合う時間がさらに増えます。なので数字が苦手だと長時間集中したり、長く働くのは厳しくなるでしょう。

    ・コミュニケーション能力が高い人
    財務書類の間違いを探すだけでは公認会計士の仕事は務まりません。経営者や経理担当などと正確に意思疎通したり、良好な関係を築いたりするのには最低限のコミュニケーション能力が欠かせません。

    ・適性があればやりがいのある仕事です
    公認会計士は企業が作成した財務諸表にミスがないか探す仕事をします。数字に強く、経理や経営者ともうまくコミュニケーションを図れる力が必要です。企業の財政状況を直接確認できるため、経営や経済の動きを数字から理解できます。普段から自身の強みをつけるための勉強は欠かせませんから、試験合格後も成長意欲は持ち続けましょう。

    関連記事

    1. 公認会計士とはどんな仕事なのか?具体的な業務内容は?

    2. 公認会計士になるには? 試験合格から登録までのステップ

    3. 公認会計士を目指すにあたり、業務内容と試験の難易度

    ページ上部へ戻る